なぜセクキャバなのか

花魁ガール

つい数年前までセクキャバという単語は、聞いたことすらありませんでした。男性の中では割とメジャーな言葉のようですが、女性の中には知らないという人も多いかと思います。

そんな私がなぜセクキャバで働き始めたのかですが、単純に1人暮らしするための費用が足りなかったためです。学校に通いながらアルバイトをすれば平気だと思っていたけど、学校が意外と忙しくバイトに入れる日が少なくて、思ったように稼げない日々が続いていました。

そんな時に友だちに誘われてセクキャバの体験入店に行くことになったんです。体験だけどお給料ももらえるし、5時間ぐらい働くだけで1万6千円はもらえるって言われたんです。その時の私は本当にお金に困っていたので、それは非常に魅力的でした。

ちやほやされる日々

先に伝えると私は西中島の花魁セクキャバに入店して、セクキャバ嬢として働くことになりました。人生の中でこんなにちやほやされたことがあったかな?というぐらい、ちやほやされています。花魁衣装もはじめは着慣れなくて恥ずかしい気持ちでいっぱいでしたが、今ではすっかり慣れて、着ない日があると違和感があるぐらいです。セクキャバで若さは武器になるんだということと、いろんなタイプの女の子を求めてお店に訪れるお客さんがいるので、誰かしら気の合うお客さんや気に入ってくれる人が見つかるのではないかと思います。指名で遊びに来てくれるお客さんがいるのはもちろんのこと、流行っているスイーツを差し入れしてくれたり、プレゼントを持ってきてくれるお客さんがいるのも嬉しいです。

応募から体験入店まで

セクキャバという言葉を初めて聞いた私は、まだ一体どんなことをするお店なのかイメージが出来ていませんでした。キャバだから、お客さんにお酒をつくってあげたらりトークをして楽しむ、普通のキャバクラにちょっとミニスカなどセクシー要素が加わった感じかな?ぐらいに思っていたんです。

応募は、セクキャバの求人がたくさん載っているサイトから、未経験者歓迎のものに絞り、時給が高そうなところと体験レポートの評価がよさそうなお店を選びました。応募してから体験入店まではあっという間で、LINEでお店の採用担当者の方とやりとりをして、日にちと時間が決まりました。面接はお店がオープンする30分前とか1時間前、もしくはオープンしてからが多いみたいです。店休日があるお店の場合はそれ以外の日で希望を出さないと、日程変更か系列のお店があるところだと系列の別のエリアのお店で体験ということになるようなので、そのお店がいい場合は注意が必要です。

初めて降りる西中島南方

大阪には梅田・難波・京橋とかいろんなエリアにセクキャバがあるんですけど、そんな中で私たちが選んだのは、西中島南方にあるセクキャバです。西中島南方は新大阪からも近いし梅田からも近い場所ですが、これまでに訪れたことがなく、体験入店の時が初上陸でした。梅田とか難波とか有名な場所があるのに、どうして西中島にしたのかですが、知り合いに会いたくなかったからです。

西中島セクキャバの客層

サラリーマンがメインの利用客層である西中島セクキャバなら学校の知り合いに会うこともなく、安心して働けるのではないかと思ったのが、西中島に応募するきっかけとなりました。西中島南方駅からセクキャバまでは徒歩5分ぐらいなので、学校帰りに電車で通うにも、通いやすい場所です。終電がなくなるまで働いたときには、家の近くまで車で送ってもらえるのも魅力でした。

初めての体験入店に選んだのは、花魁セクキャバ。セクキャバって全てドレスだと思ってたんですが、お店ごとにコスプレが違っていてびっくりでした。体形に自信がなかったので、体形を隠して働くことができると求人に書かれていた、花魁セクキャバに応募することに。実際に花魁衣装をみると、色鮮やかで可愛いデザインのものが多くてとってもテンションが上がりました。

お店に遊びに来るサラリーマンの方たちも、花魁を選ぶ人ってちょっと落ち着いてる年代の人が多いのか、紳士的に対応してくれるので、非常に働きやすいです。1セットだけで帰る人もいますが、3セットとか4セットとかまとめて遊んでいく人も多いので、落ち着いて接客することができます。

嬉しい差し入れ

お仕事帰りにセクキャバを訪れてくれるお客さんも多く、常連さんが差し入れを持ってきてくださることもあるんです。一応セクキャバ嬢という仕事柄スタイル維持には気を付けないといけないので、食べすぎは注意ですが、流行りのスイーツとかをもらうとやっぱりうれしくなっちゃいますよね。お店のスタッフと食べたり仲良いセクキャバ嬢と食べたりお客さんと食べたりと、その時によってバラバラですが、みんな喜んでくれます^^スイーツとかプレゼントもらった時にも、自分ってちやほやされてるなーと思いますが、気を使わなくていいよーといいながらも、もらえることが嬉しくて受け取っちゃいますw